mac

Mac SierraでSophos Homeを再インストール(クラウド版)追記あり

お正月休みに、気になっていたSophosアンチウィルスソフト on Sierraをいろいろ調べてみた。

以前、SierraとSophosでTime Machine不具合のことを記載したが、SophosもクラウドベースのAnti Virusソフトを提供しているようだ。一旦以前のSophosをアンインストールしなければいけない。どうもSophosアンチウィルスのVersionによって、Deleteのツールも違うようだ。僕の場合は、Ver.9.x.x.であったので、それようのツールをDLし削除。その後、Homeユースの無償版からユーザ登録。

Homeユースの無償版だと最大10台まで、ウィルスソフトのComponentがインストール可能となっている。うちには2台のMacがあり、1台で上記のサイトからユーザ登録して、2台目以降には1台目で表示されたリンクサイトをメール等で送ることで、追加インストール可能となる。(2台目のMacで直接Sophosのサイトへログインして、Componetをインストールしようとしても、インストール画面が表示されないので注意。ユーザ登録したPCのIPアドレスをチェックしているようだ。)

Componentインストール後に直ぐにアップデートしたらVersionは、1.2.2であった。早速Full Scanを実施した。動作は、特に問題なさそう。

Sophos HomeをEnableにした状態で、TMが問題なく動作するかは?別途確認してみよう。

 

P.S.

Sophos HomeをアクティブにしてのTMは、やはりNGであった。Sophosのユーザ登録したPCから、全てのチェックをDisableにすると、TMは問題なく動作した。SophosのDashboardで例外設定すれば、問題なくTMも動作するのでは?と想定するが・・・。更なるResearchが必要。

-mac