mac

お正月も終わりですね・・・。Sophos Home クラウド版(その後)(修正版)

2017/01/30

お正月休みも、明日でおしまい。食べて、飲んで、観て、寝てっと、ごろごろ寝正月を過ごしました。7年ぶりの日本での正月だったので、こういうまったりした過ごし方もよかったなと思っている。

でも、楽しいことって何でこうも早く時間が過ぎてしまうのだろう。5日からは、またいつもの業務が始まるが、昨年以上に楽しく仕事できればと思っている。

ところで、Sophos Homeクラウド版をINSして、以下の一番使いづらい点があったので、調べてみた。

・同一NW内内の2台以上のMacへINSした場合、Sophos HomeのEnable/Disableの変更は、ユーザ登録したPC(以降メインPCとする)からしか設定変更できない。特にTMを行うときは、Disableにしないとうまく動作しないので、わざわざメインPCのDashboardで設定変更しないといけない。

これは、家族(特に子供)がPCからWebブラウズする際に、如何わしいサイトへのアクセスをメインPCで制御するためらしい。セキリティの観点からは素晴らしいと思うが、利用シーンによっては、ちょっと不便。

でも、まあ無料でウィルスソフトを利用でき、それほどソフトも重くなくウィルスやMalwareの検知率も、それなりに高評価なので、しばらく使ってみよう。

もし、Sophos HomeでMacの動作速度や使いづらさがストレスになるようであれば、「Virus Scanner Plus」へ変えてもいいかなと思っている。こちらは、Applestoreで3,600円の買い切りで、同じアップルアカウントであれば、1ライセンスで他のMacへもINSできるし。

 

(Sophos クラウド版に関する修正)

上記で、「同一LAN内のSophosをINSした他のPC制御(Sophosのenable/disableの設定変更)は、メインPC(最初にSophosをINSしたPC)からでのみ可能。」と記載しましたが、間違いでした。後からSophosをINSしたPCからでも、ログインID・PWでDashboardへアクセスし、メインPCの設定変更も可能でした。失礼しました。どうも、当該PC側のインターネットのルート証明が変になっており、うまくDashboardが開けない状態だったようです。

-mac